読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤナギハラミツオの日々

日々の思うこと、菓子、パン作りの備忘録です。

圧力鍋活用術-リンゴジャムの作り方-

リンゴが余っていたのでジャムにしてみました。

圧力鍋があるとかなり早く作ることができます!

一家に一台圧力鍋ですね。

 

リンゴジャムはなかなか売っていないので、自分で作るほうが探すより良い気がします。

ちなみにセルフィユ軽井沢とかSt.Cousair(サンクゼール)には取り扱いがあります。(いいお値段しちゃいますが)

セルフィユ公式通販|軽井沢の無添加ジャム/ディップ/ドレッシング(セルフィーユ)

ジャム サンクゼールオンラインショップ

セルフィユのディップマヨネーズはかなり美味しく、自分でマヨネーズを作る時の参考にしています。なかなか近づけませんがねぇ・・・

この辺りも機会を作って記事にしていきたいですね!

 

話がだいぶ逸れましたが、レシピを書いていきます。 

【レシピ】

リンゴ・・・お好きな量(皮を剥いた重量を100%とする)

グラニュー糖・・・リンゴの25%(甘さが足りない場合は足してもOK)

レモン汁・・・リンゴの5%(これもある程度お好みでOK)

 

これだけです。しかも分量もわりと適当ですね(笑)

 

1,リンゴの皮をむく。剥いた皮は不繊維の袋(三角コーナーとかで使うアレ)に入れ、口は閉じておく。(皮には香り成分と色の成分が多く含まれるので、一緒に煮て抽出するとより美味しくなります)

2,圧力鍋にすべての材料を入れて、ゴムベラで混ぜる。

3,圧力鍋を加熱して高圧をかける、約3分。

(当方はフィスラーを使用して、高圧で3分)

4,自然放熱後蓋を開けてマッシュしつつ煮詰め、皮の入った袋をよく絞り取り除きます。(紅玉、秋映えだとよく色が付きます。)

5,舐めてみて美味しくなったら出来上がり(糖度計は一般家庭にはありませんよね)

f:id:tribulus:20160106234344j:plain

瓶詰め中、沢山出来ているように見えますが、タルトとかに使うと一瞬にしてなくなります。(笑)

f:id:tribulus:20160106235930j:plain

煮沸消毒をして密封します。

ちなみに僕はWeckを愛用しています。

セレクトショップでも売られていますが、cottaさんが安くて良いかと思います。

フィスラーの圧力鍋は超高級品ですが、飽きのこないシックなデザインと安定性が魅力ですね。

清水の舞台から飛び降りる勢いで買いましが、投資の分の働きはしています!

フィスラー圧力鍋

 

僕の友人が使っているワンダーシェフも価格以上に良いらしいです。

僕はフィスラーとこれですごい悩みました・・・

ワンダーシェフ圧力鍋