読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤナギハラミツオの日々

日々の思うこと、菓子、パン作りの備忘録です。

パン・オ・レを作って見たが、まだまだ研究しなくてはならないようだ。

作ったレポート パン屋

クイジナートを活用して、早く、簡単に、パンを作るをテーマに、

今日はミルキーな風味が旨いパン・オ・レを作ってみました。

生地的には悪くはなかったけど、焼き加減が微妙に難しい。

これは要検討ですね。

 

早く、簡単に、作るのが目的なので試行錯誤するしかない!

今回の配合を晒しましょう

【レシピ】

強力粉(ゴールデンヨット)・・・150g・・・A

上白糖・・・15g・・・A

塩・・・3g・・・A

インスタントドライイースト・・・4g・・・A

卵黄・・・1個・・・B

牛乳・・・80g・・・B

バター・・・22g

 

1,Aはすべてクイジナートに入れる。(軽くパルスをかけておく)

2,Bは合わせて混ぜておき、1,を混ぜながら加えていく。

3,まとまってきたら、バターを投入(今回はバターを途中投入)

4,なめらかな生地になったら終了

f:id:tribulus:20160107220648j:plain

こんな感じ。卵黄が入るので黄色っぽい生地になります。

これが倍くらいに膨らむまで一次発酵を取ります。

f:id:tribulus:20160107221835j:plain

ボウルに入ってわかりづらいですが、倍くらいです。

今回はオーブンレンジのホイロ機能を利用。

温度は30℃、湿度が足りなくなりやすいので霧吹きで補っています。

f:id:tribulus:20160107222046j:plain

100gずつに分割して

f:id:tribulus:20160107222127j:plain

伸ばして、丸めて成形します。

f:id:tribulus:20160107222250j:plain

こんな感じ。

(でも、家庭でやる場合はこれより小さくて丸いほうが良さそうです。)

コノ後の二次発酵はオーブンレンジで30℃で一時間ほど取ります。

これも乾燥しやすいので結構気を使います。

(ちょっと放置すると恐ろしいほど乾燥する)

f:id:tribulus:20160107222415j:plain

ホイロ後、クープをいれます。

オーブンは190℃のスチーム設定で10分くらい。

良いオーブンなら230/200℃くらいがいいのだが、家庭用で200℃を超えるとすさまじい勢いで焦げるのでなかなか難しい。

f:id:tribulus:20160107222643j:plain

焼成後、上火の入りが強すぎて、焦げそうになる。

なので8分の段階で上にアルミホイルをかぶせて焼くことに・・・

もう少しやさしい焼き色になるといいのだが・・・

(上火、下火はしっかり入ってるけど、側面はほとんど焼き色がついていない、上火はつきすぎな感じなのです)

焦げる感じは、生地の乾燥がだいぶ影響しているのでその辺はもっと改善したいなぁ。

しかし、食べる分には問題なしです!

ソフトな食感のパンでミルキーな甘みがあるので、そのまま食べてもOK。

ピザソースやバジルソースにディップして食べるとさらに旨い。

 

今回の反省点としては

・成形の形をもう少し小さくして食べやすく(焼きやすい形?)しよう

・生地の乾燥注意

・焼き方をちょっと変えてみる

 

次回はこれらを活かして作りたいですね!