読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤナギハラミツオの日々

日々の思うこと、菓子、パン作りの備忘録です。

煮豚三段活用

日記 作ったレポート

 時間がかかるので敬遠されがちですが、圧力鍋ならすぐできます。

ということで、今日は煮豚の活用方法について書きたいと思います。

うまく使うと約一週間分のおかずにすることも可能(メインディッシュとはいっていない)なので、ぜひぜひお試しくだされ。

 

とりあえず、三段活用なので何にするのか?というところですが

・そのまんま煮豚カット、コチュジャンを添えて

・煮豚の味噌づけ

・煮豚のリエット

といった感じです。

まだまだ活用方法は色々ありますが、今回はこれについて説明していきますね。

 

【レシピ】

豚バラ肉・・・800gくらい

長ネギ・・・1本

しょうが・・・一片

塩・・・適量

水・・・肉がかぶるくらい

 

コチュジャンソース】

コチュジャン・・・大さじ1

ごま油・・・小さじ1

白ごま・・・適量

 

【味噌床】

味噌・・・150g

上白糖・・・40g

みりん・・・60g

 

リエット

煮豚・・・100ー200g

煮汁・・・大さじ1

ラード(浮いてる油)・・・大さじ1

塩・・・適量

胡椒・・・適量

醤油・・・小さじ1

 

f:id:tribulus:20160109222826j:plain

かぶるぐらいの水、ネギ、しょうが、塩を入れてスタート。

20分くらいで出来上がる。

f:id:tribulus:20160109224250j:plain

出来上がり、このままゆっくり冷ますと、肉質がふっくらする。

煮豚を作る工程はこれだけです(笑)

 

f:id:tribulus:20160109224618j:plain

煮豚の薄切り、これにコチュジャンソース(ごま油と白ごまを和えるだけ)を添えるだけで一品。

さりげなくおかずとしては2日分です。

 

f:id:tribulus:20160109225956j:plain

 今度はこれをクイジナートにかけてリエットにします。

これも煮汁と塩、胡椒、醤油を混ぜるだけです。

f:id:tribulus:20160109231443j:plain

 ペースト状になればOK。パンに塗ったりして食べると美味しいです!

これは10日間くらい持つので、トースト生活をしているとアクセントになりますね!

 

煮豚の味噌漬けは、味噌床を作って(混ぜるだけ)、ジップロックなどに一緒に詰めればOKです。

だいたい翌日には食べられるようになっています。

これはまだ写真に撮ってないので、また次回で・・・

 

このように一回の調理で複数の種類の料理ができるのが、煮豚の魅力ですね。

リエットはあるところが珍しいくらいのアイテムなので、パーティーなどであると、意表をつけます。食事系のパンや、カナッペなどにも活用できるのでぜひぜひやってみてください!

 

ワンダーシェフ

 

フィスラー圧力鍋

 

T-fal圧力鍋

 

 

広告を非表示にする