読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤナギハラミツオの日々

日々の思うこと、菓子、パン作りの備忘録です。

手捏ねで食パンはスーパーハード

作ったレポート

ちょいと思うことがあって手捏ねで食パンを作りました。

クイジナートではどうしても水分量が増やせないという問題があるので、レッツトライです。

案の定、捏ね上げるのに1時間近くかかってしまった・・・

やはりここは何とか手捏ねじゃない方法にシフトしたいですねぇ、水分量が多いのでべとつきがひどくて捏ねづらいのですよ。

でも、その甲斐あってか今回はだいぶうまくいきました!

 

 

f:id:tribulus:20160109233249j:plain

二次発酵前、割とキレイに収まっています。

f:id:tribulus:20160109233735j:plain

二次発酵終了、表面が乾燥していないのが良い感じです!

f:id:tribulus:20160109233931j:plain

焼き上がり、ほどよい感じに焼けています。窯のび(焼成中のふくらみ)が若干弱いですが、これくらいが良いかと思います。

今回焼成は200℃で余熱して、190℃に下げて40分ほど焼きました。

このあたりの温度コントロールをまた研究しておきたいですね。

 

今回は秤が途中で壊れるというトラブルがあったため、詳しいレシピは次回に回します。

いや、なんでこんなにまとまらないんだろうと思ったら、水分が多そうみたいな感じで大変でした。さすがに10年くらい使っているデジタルスケールなので、仕方がないですね。予備を買っておいてよかったです。

おかげで下のやつがメインスケールになりました。けっこう便利です!

 

 

広告を非表示にする