読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤナギハラミツオの日々

日々の思うこと、菓子、パン作りの備忘録です。

外はカリッ!中はしっとりフワフワレモンケーキを作ったよ

作ったレポート

今回はカトルカール、いわゆるパウンドケーキを作りました。

美味しいパウンドケーキのレシピはいっぱいあります。

どれを選ぶかが重要なように思われがちですが、

何をイメージしているのか?(食感とか風味など)

どう食べるように作るのか?

といった出来上がり後の雰囲気を考えることが重要だと思います。

ちなみに本来のカトルカールは

バター:砂糖:全卵:粉 が 1:1:1:1

となります。

しかし、これだと食べた感じが重すぎる(日本人的な味覚では)ので、様々な配合が生み出されています。

最近の流行りでは

バター:砂糖:全卵:粉 が 1:1:1:2

にすることで軽さとふんわり感を出すのが多いようですね。(僕もこのぐらいの配合で作ることが多いです)

また、フルーツやエッセンスを入れることで風味にアクセントを付けたり、ナッツ類やキャラメルといったフレーバーを足すことでより濃厚な味わいにしたりと、

基本にして奥が深いヴァリエーション豊かなお菓子です。

 

今回は下のレシピブックを参考にして作ってみました。

配合自体はかなりシンプルですが、焼き方に工夫があります。

 

f:id:tribulus:20160104223150j:plain

材料はこれと、絞ったレモン汁を使用

シュガーバッターで作っていきます。(シュガーバッター法とは、バターを柔らかくしながら混ぜて、砂糖を加えて混ぜて、全卵を少しずつ加えてしっかり乳化するように混ぜて、粉を加えてゴムベラて切るように混ぜて生地を作る方法。お菓子作りでは最もスタンダートな作り方の一つ。これを知っているだけで、作れるようになるお菓子はものすごく多い。お菓子作りの敷居を下げるには、もってこいな素晴らしい方法)

f:id:tribulus:20160104224641j:plain

バターと砂糖が混ざったところ

f:id:tribulus:20160104224755j:plain

 全卵を加えて乳化している図

実は温度が低くて分離したため、湯煎で温めて乳化させました。

f:id:tribulus:20160104225317j:plain

f:id:tribulus:20160104225820j:plain

粉類とレモン汁、レモンの皮を混ぜて型にセット。

真ん中を窪ませて、中心に切込みを入れておく。

オーブンは160℃で25分、140℃に落として、表面にアルミを貼り45分。

さらにそのままオーブンで冷ます。

こうすることで、表面はカリッとして、中はしっとりフワフワなケーキになる。

f:id:tribulus:20160104230242j:plain

焼き上がりにレモン汁を軽く塗ってみた。

風味はこの方が強調されて良いです。

f:id:tribulus:20160104230456j:plain

全体的に焼き色が薄め、でも中はしっかり火が通ってます!

まぁでももう少し焼いても良かった気がする・・・

 

今回はほぼレシピブック通りに作ってみましたが、色々自分なりの工夫ができそうなところが見つかりました。

 

・レモン風味をもう少し強調したい

・焼き色はもう少し付けたい

 

この辺りを意識して、次作るときはレシピ公開できるようにします。