読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤナギハラミツオの日々

日々の思うこと、菓子、パン作りの備忘録です。

酸っぱいもの好きにはたまらないレモンスクエアケーキを作ったよ

甘酸っぱいを通り越して、人生並みの酸っぱさ

でも、それがたまらない!

そんなケーキですね。

 

f:id:tribulus:20160113171542j:plain

こんな感じになります。

 

【レシピ】

-クラスト層-

バター・・・120g

薄力粉・・・160g

粉糖・・・40g

レモンの皮・・・一個分

-アパレイユ(レモン層)-

グラニュー糖・・・260g

薄力粉・・・25g

レモン汁・・・180g

全卵・・・220g(4個分)

塩・・・1gくらい

 

まずはクラスト層から行きます!

1,粉類をすべてクイジナートに入れ、パルス(ふるいにかける感じ)を入れる。その後にバターレモンの皮を入れる。

f:id:tribulus:20160113172706j:plain

粉類をいれ

f:id:tribulus:20160113172934j:plain

レモンの皮を入れます。

f:id:tribulus:20160113173017j:plain

バターは角切りにしておくと混ざりやすいですね。

f:id:tribulus:20160113172956j:plain

これくらい、今回のこれは、生地というまではまとまらないので、このまま型に入れます。

f:id:tribulus:20160113173218j:plain

敷き詰めます。

2,オーブン180℃20分くらい焼く。

f:id:tribulus:20160113173333j:plain

ちょっと焼きが足りなかったのか!?

 

焼いている間にアパレイユ(レモン層)を作ります。

ちなみにクラスト層が焼きあがったら、速攻で入れるので割りとスピード勝負

3,薄力粉、グラニュー糖をよく混ぜ、そこにレモン汁を入れ混ぜる。

皮をとったレモンは遠慮なく絞っておきましょう。

f:id:tribulus:20160113173722j:plain

あらかじめ材料は量っておくとスムーズですね~

卵のところに塩は入れてます。

f:id:tribulus:20160113173831j:plain

レモン汁が多いので普通に溶けます。

4,全卵&塩を少しずつ加え混ぜる。

f:id:tribulus:20160113173943j:plain

ゴムベラで混ぜても良いですが、混ざりが悪かったらホイッパーを使うと良いです。

f:id:tribulus:20160113174032j:plain

混ざったところ、ホイッパーだと速いですよー

5,ザルやシノワで漉す(パッセするともいいますね)。

f:id:tribulus:20160113174303j:plain

しっかり混ざっていればほぼ何も残りません。

ちなみにこの工程を使うと口当たりがだいぶ良くなります。

逆につぶつぶ感を出すものはしないことが多いです。(やって後から追加する方法もあります)

 

6,焼きあがったクラストに流し込み、180℃で16分ほど焼く。

f:id:tribulus:20160113174713j:plain

流し込んだ図、多少側面に漏れても気にしない(笑)

f:id:tribulus:20160113174938j:plain

焼き上がり、表面はまだベトつくがこのまま冷ます。

f:id:tribulus:20160113175058j:plain

7,冷めたら、粉糖をたくさん振ります。

f:id:tribulus:20160113175205j:plain

カットして出来上がり!

 

粉糖の甘さとレモンの酸っぱさ、クラストのバター感を楽しむお菓子ですね。

 

今回の反省点

・クラスト層(底の生地)の焼き加減が足りずキレイな2層にならなかった。

これは焼き時間と温度を再検討ですね、途中で卵黄を表面に塗る(ドリュール)もしたほうが確実かも

・レモン層の焼き加減がもう少し強くても良かった。

あいも変わらず焼き時間には悩まされますねー。べとつきが取れるくらい焼いてもいいかもしれません。

 

まだまだ改善する余地がいっぱいありそうなので、改善レシピをまた上げますねー。